手榴弾所持容疑で住吉会系組員、伊藤史博容疑者を逮捕

宮城県警は3日までに、指定暴力団住吉会系組幹部、伊藤史博(59)と、無職、桐原忠文(54)の両容疑者を爆発物取締罰則違反(所持)などの疑いで逮捕した。

平成28年2月25日午前、仙台市青葉区国見ケ丘の空き家2階の部屋で、リフォーム業者が押し入れの段ボールに手榴弾1個と拳銃2丁、実弾100発以上を発見して通報。県警は桐原容疑者が他の男と同居していたことがあり、伊藤容疑者が知人の桐原容疑者に預けたとして爆発物取締罰則違反(所持)容疑で逮捕した。