名古屋市瑞穂区長、金田利之容疑者を恐喝未遂容疑で逮捕

愛知県警緑署は12日、恐喝未遂容疑で、名古屋市瑞穂区長、金田利之容疑者(60)を逮捕した。

逮捕容疑は、金田容疑者は金田容疑者は女性が以前に勤務していた風俗店に客として出入りし、1月末頃から面識があった2月中旬、女性に30万円を貸したが返済されておらず、女性の携帯電話に「暴力団に依頼した。きつい取り立てが行く」「男をなめとったらあかんぞ、われ!」などのメールを複数回送り、金を脅し取ろうとした疑い。

金田容疑者は女性が以前に勤務していた風俗店に客として知り合い、2月中旬に現金30万円を貸し、8月上旬にかけて、返済を求めるメールを数十通送っていた。

督促がエスカレートしたため、女性が今月10日、県警に被害届を提出。暴力団関係者に債権回収の依頼をしていた事実は確認できていない。

警察の調べに対し金田容疑者は、「脅してまで金を回収しようとしたことは記憶にありません」と容疑を否認している。

金田容疑者は雑誌のインタビューで、「瑞穂区は安心・安全な街として自信があり、刑法犯認知件数が名古屋市16区の中で最小」としていたが、自身でその割合を引き上げてしまった格好だ。