日本人の食事マナーは海外から汚く思われている

2017年8月9日

日本はアジアの端の島国で、近隣の中国から渡来した文化の影響を色濃く残しています。

しかし、同じ東アジアの中国人と比べて、日本人は何もかも、かけ離れている様に感じることはないでしょうか。

日本人は一般的に、自己主張をせず、周囲に溶け込むようにし、トラブルを起こさないようにしているのですが、中国人は正反対の行動をする人が多いですね。

「中国人は自分勝手でマナーが悪い」と考えている人が日本には多くいるのですが、実際の話をすると、欧米人や東南アジア人のマナーや思想は中国人に近いものがあります。

日本人は同じ先進国だから欧米人はマナーが良いと考えていますが、それは大きな間違いで、欧米人の多くは非常にマナーの悪い人が多いのです。

なぜ日本人は欧米人はマナーの良い人と考えているのか、それは日本人が接する欧米人は、好きで日本に来て、日本の文化を学ぼうとか、考えている人たちだからです。

日本は物価が高い国ですが、それでも日本にわざわざ来るのですから、ある程度の蓄えがあり、その為教養が比較的高い人しか来れない国といえます。

ただ最近では、マナーの悪い欧米人や中国人が増えてきました。その理由は簡単です。

中国の様にバブルであぶく銭を手に入れた人は基本的に特別な教養があるのではなく、単に金があるので、中国より観光資源の多い日本に来ているだけであり、オーストラリア人もマナーが悪い人が多いですが、好景気であるため誰でも日本に来れるのが大きな理由です。

電車の中や公共の場所でアルコール飲料を飲みながら歩いている人は大抵オーストラリア人です。

 

日本人の特色

日本人は他人の目を気にする民族ですが、これは宗教観がそうさせています。

神道は宗教といっても特に教えがあるわけでも無く、ただすべての物に神が宿っているという観念を持つもので、それから日本人が物を大切にする習慣が生まれたのですね。

神道

全ての物に神が宿っているという事は、どこにでも神がいるという事ですので、常に神様に監視されているという感覚を心のどこかに持っています。

これが日本人が持つ他人の目を気にするという事につながるのでしょう。

この様な感覚を持つ民族は他に聞いたことがありません。日本人は世界でも特別な存在といっても間違いでは無いかもしれません。

 

日本人の欠点

そんな世界でも数少ない良いマナーと人間性を持っている日本人ですが、ひとつ残念な事があります。

それが食事のマナーです。

食事作法

日本人の多くは、日本人は食事の作法が厳しく、マナーが良いと考えていますが、それは間違いだと自覚しなくてはいけません。

はっきり言うと、日本人の食事マナーは外国の人から見るとたいへん汚く見えます。

 

・麺をすする

麺料理は世界中にありますが、音を立てて食べることが普通の国は日本以外にありません。

麺料理は音を立てて食べないと美味しくないという人がいます。それで良いのでしょうか?例えば韓国人は口を開けてくちゃくちゃ音を立てて食べますが、これは韓国では一般的ですので、日本の韓国料理店などで積極的にグチャグチャ音を立てて食べることを批判してはいけないことと同じです。

極道めし

その様な人たちは、日本料理は音を立てて食べてもよいと言い始めますが、その様な常識は全くありません。

13世紀に道元が著した「赴粥飯法」には食事作法を詳細に規定しており、肘をつかない、音をさせてものを食べてはならないと記されていて、音を立てて麺類を食べるようにとは全く書かれていません。

すする時、空気を含ませながら食べる事で、味が一層深くなり、ソムリエがしているワインのテイスティングと同じとか理屈を作っている人がいるのですが、ではなぜ日本人は麺料理以外でもすするのでしょうか?

孤高のグルメという番組がありますが、彼の食べっぷりを見ると日本人は「美味しそう」と感じるかもしれませんが、外国人から見ると汚く見えます。

ご飯を食べる時、必ずすする音が出ています。

これで、すすると味が深くなるという理屈、麺をすするのは日本では良いマナーという理屈は後付の嘘だと理解できるでしょう。

日本料理の大きな失敗は、どんな物でも箸だけを使うという点です。汁物や小さな物はサジやスプーンを使うのが世界の標準ですが、日本だけ頑なに箸だけで食べようとします。

食器を持ち上げて食べるスタイルがあるからこそでしょうが、これが日本人が音を立てて食べる原因です。

本当は音は立てて食べてはいけない。しかし、それを言ってしまうと食事を終わらせるのに非常に時間がかかってしまうので、ある程度は黙認されているというのが正解です。

 

・慌てて食べる

日本人はとても食べるのが早く、あっという間に平らげてしまう人が多いのですが、外国人は少しずつゆっくり食べるのが良いマナーとされていて、彼らから見ると日本人の食べ方は3日ぶりに食べ物にありついた乞食の様だと形容されます。

汚いマナー

食事はお腹を満たすことだけが目的になってしまっていますが、人生において食事は大切な時間のひとつで、時間をかけて食べたいものです。

急いで食べると必然的に音が立ちますので、周囲に嫌な思いをさせる可能性が高くなるのです。

 

嘘情報を海外に発信するメディア

日本のテレビ番組が海外の日本食レストランに行って、麺料理はこう食べるのが普通なんだと、現地の人の前ですすって食べるのを見たことがないでしょうか。

その光景を現地の人は眉をひそめて見ているのですが、リポーターや芸能人はしたり顔でそれをやってのけます。

マスコミラーメン

こうして無知なテレビ局が日本の恥を世界に広めているのですが、こういう人たちは日本料理自体をあまり知らないという事が多いですね。

日本食は何があるのか挙げてみてください。

天ぷら、すし、ラーメン、そば、とんかつ

大抵一般的な日本人が挙げる和食はB級グルメばかりです。

そういう認識の人が、日本のマナーはこうだと言っているのです。

懐石料理を出すような店で、音を立てて食べるような人はいません。

まず日本人はきちんとした日本料理を知ることから始めないといけないかもしれませんね。

2020年には東京オリンピックが開催され、多くの外国人が日本にやってきますが、彼らに、「日本は素晴らしかった」と思ってもらうためには、まず日本人が日本を知り、他国よりマシだから良いというレベルではなく、他国を圧倒的に引き離すほどの国になっていたいものです。

その可能性があるのは、世界でもごく少数で、最右翼にあるのが日本だという事を知っておきたいですね。

  • なぜ日本人はアメリカにコンプレックスを持つのかなぜ日本人はアメリカにコンプレックスを持つのか 日本すごい系や、日本大好き系の番組が多くなっている事に嫌悪感を持つ人が多く、あちこちでそいう話を聞くようになりました。 確かに、テレビ各局が競うようにこれらの番組を制作して […]
  • 【政府の矛盾】筋の通っていない加熱式タバコ増税【政府の矛盾】筋の通っていない加熱式タバコ増税 自民党の宮沢税制調査会長は、「(加熱式たばこは)紙巻きたばこに比べて、税率が低い。3社出している商品で、実効税率が違っている」と述べ、2018年度税制改正で加熱式タバコ増税を検討 […]
  • 野茂英雄プロ野球がMLBを真似る必要があるのか 日本という国は、昔から良い物を積極的に取り入れ、それを更に改善し、より良いものに作り変えることを得意としてきました。 中国や東南アジアでは、単に先進国が作ったものをコピーし […]

コラム

Posted by NEWS