【浜田学生殺害事件】矢野富栄を被疑者死亡で書類送検

[pc] [/pc] [nopc]
[/nopc]

2009年10月に島根県立大1年の平岡都さん=当時(19)=が行方不明となり、広島県の山中で11月6日、切断された遺体が見つかった事件で、島根・広島両県警の合同捜査本部は遺体発見2日後に山口県美祢市の中国自動車道下り線において、交通事故で死亡した当時30代の男が事件に関与した疑いが強まったとして、被疑者死亡のまま書類送検する方針。

平岡さんは21年10月26日夜、島根県浜田市内のアルバイト先のショッピングセンター「ゆめタウン浜田」を出た後、行方不明になり、11月に広島県北広島町の臥竜山(がりゅうさん)で切断された頭部や胴体などが見つかった。

司法解剖の結果、平岡さんの顔に複数の殴打痕、首には指の圧迫痕があり、胴体に死後切りつけられた傷や火を付けられた形跡もあった。

 

被疑者は誰なのか

警察発表で、被疑者の男は遺体が見つかった2日後、山口県内の中国自動車道で起きた炎上している車内で母親と一緒に死亡しており、関係先を捜索したところ、デジタルカメラなどに、行方がわからなくなったあとの平岡さんの画像のデータが残されていた。

男は、乗用車で中国自動車道を走行中に道路脇のガードレールなどに衝突し、男と、一緒に乗っていた当時50代の母親の2人が死亡している。

2009年11月8日、実際に車炎上事故で母親と男が焼死しており、当時の情報を見ると矢野富栄が被疑者で間違いないだろう。

 

 

山口県美祢市の中国自動車道下り線で車が炎上した事故で、死亡した2人はDNA型鑑定の結果、同県下関市神田町の会社員、矢野富栄さん(33)と母親の貴美子さん(58)と判明した。県警高速隊が10日、明らかにした。 高速隊によると、2人はいずれも焼死。

矢野容疑者が母親と乗っていた車は、ガードレール3カ所に衝突して炎上、ブレーキ痕やスリップ痕はなかった。

警察は、容疑者を特定した経緯について「今年になって、当時付近で起きていた性犯罪事件などを調べ直したところ、今回の男が浮上した」と話している。

遺体に付着していたビニール片がNTTが電話帳の配達に使用するポリ袋の一部と判明し、矢野容疑者が住んでいた山口県下関市神田町に捜査に向かったが、その時は見逃していたことになる。さらに、矢野容疑者は当時、浜田市の隣の益田市に住んでおり、知人に「大変なことをしてしまった」などと、事件への関与をうかがわせる内容の話をしていたが、これも警察は関知していなかった。

矢野富栄容疑者

矢野容疑者の実家は山口朝鮮初中級学校や韓国料理店が多くある街で米穀店を営んでいたが、数年前に弟が美容院を開店、現在は店に「一身上の都合で閉店することになりました」との張り紙があった。

事件直後にも、平岡さんが住んでいた大学の寮から300メートル離れた道路脇の側溝から、本人の靴を見逃しており、批判が集まったが、これは島根県、特に西部地方は犯罪発生率が低く、重大犯罪も数十年に一度あるかという地域で、事件慣れしていない島根県警の捜査能力の低さが浮き彫りになった格好だ。

[pc] [/pc] [nopc]
[/nopc]

関連記事