テレンス・リーこと加藤善照を公職選挙法違反で逮捕

2016年8月4日

警視庁捜査2課は26日、7月の参院選東京選挙区において、幸福実現党の小沢一郎候補の選挙活動で、応援活動を行った報酬として現金5万円を受け取ったことが判明し、タレント・軍事評論家のテレンス・リーこと加藤善照容疑者を公職選挙法違反(買収、被買収)の疑いで逮捕した。

加藤容疑者は、政治団体「幸福実現党」から出馬した候補者の小沢一郎幹事長の応援演説をしていた。逮捕容疑は公示後の6月下旬ごろ、豊島区内で演説した報酬として、公選法違反容疑で逮捕された会社役員(61)から渡された5万円を受け取った疑い。

テレンス・リー逮捕

 

幸福実現党小島一郎幹事長は逮捕されるのか

今回テレンス・リー容疑者が5万円で応援演説をした小島一郎幸福実現党幹事長も当然捜査対象になるが、実際に逮捕までは難しいと言える。

実際に金を渡したのは別の運動員と称する会社役員の男性で、小島一郎幹事長が「彼が勝手にやったこと」と言ってしまえば立証するのは非常に難しく、逮捕された会社役員の供述で捜査の方向性は変わってくるだろう。

スクリーンショット 2016-07-26 17.26.38

今回の事件の対象となった2016年参議院議員選挙では、幸福実現党として安定的な最下位だった。

 

テレンス・リーの人物像

テレンス・リー容疑者のプロフィールは、軍事評論家、元傭兵、作家、危機管理コーディネーター危機管理評論家。

更に、格闘家(剛柔流空手3段・柔道初段・剣道初段・合気道2段)、元傭兵、危機管理コーディネーターとあるが全てにおいて自称である。

傭兵時代、「カラシニコフ小銃(AK-47)のみを操り、天才的なスナイパー(狙撃手)として活躍した」と言っている。

e7d86e64

ちなみにテレンス・リー容疑者が所属していたフランス外人部隊の正式銃はFA-MASであり、カラシニコフを使用することはない。途中からアフリカの傭兵だったと方針転換しているところから見て、経歴はほぼ詐称していると見て良い。

 

幸福の科学とはどの様な宗教団体か

幸福実現党を語る前に、その実質的

大川隆法が1986年10月6日に、設立した新宗教で、仏法真理の流布による人類幸福化を掲げている。発足以前の1985年から、イエス・キリストや孔子などの歴史上の偉人・宗教家などが大川隆法の口を通じて語ると主張し、(チャネリング)という内容の書籍(霊言集)を多数出版している。

あまり話題にはならないが、問題や事件は結成当時から起こっており、民事訴訟での法廷闘争は頻繁に繰り広げられている。

世界100カ国以上に会員組織がある。世界通称として「Happy Science」を使用。

 

幸福実現党とは

宗教法人・幸福の科学を母体として2009年5月に結成された。略称は幸福党、幸福、HRP。

全国47都道府県すべてに支部や拠点を持ち、過去5度の国政選挙と全国各地の地方選挙に公認候補者を擁立しているが、選挙での当選は1度も無い。

しかし、2010年5月から12月まで参議院議員の大江康弘が入党しており、その間は国会に議席を確保していた実績がある。地方議員では2014年に小矢部市議会選挙で無投票当選をした中野留美子をはじめ当選者を出しており、2015年の統一地方選挙では5人の公認候補当選者を出しており、公認地方議会議員は7人いる。

ちなみに公明党の母体である創価学会を避難する時に用いられる憲法第20条の「政教分離」の原則で、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。 」とあり、公明党や幸福実現党がこの憲法20条に抵触するというものだ。

しかし、それを言うなら憲法第一条で定義されている天皇が、日本神道の最高位で、国家に保護されている事自体に矛盾が生じる。

 

テレンス・リーはどれくらいの罪になるのか

公職選挙法221条4項では「供与、供応接待を受け若しくは要求し」た者は、3年以下の懲役・禁錮若しくは50万円以下の罰金に処するとされている。
テレンスリー2

危機管理コーディネーターであれば、わざわざ些少な金銭で危ない橋を渡る様な事はしないはずだが、それでも5万円欲しさに活動したのはなぜだろうか。