【福岡発砲事件】任俠団体山口組幹部が撃たれる

27日午後11時半頃、福岡市博多区上川端町の有料駐車場近くにいた男性から、発砲音がしたとの通報があり、急行した警察官が調べたところ、任俠団体山口組の幹部が何者かに拳銃で撃たれ た。

駐車場の塀に弾痕のようなものを1か所確認したが、銃弾や薬莢などは見つかっていない。

福岡発砲事件

犯人は、軽乗用車の車内から任俠団体山口組関係者の男性2人に発砲した後、逃走。これとは別に、2回発砲音がした後、黒いスーツを着た2人と茶色っぽい服を着た1人の計3人が北東の冷泉公園方向に走って逃げたとの目撃情報もある。1人は何かを拾ってバッグに入れるような動きをするなど慌てた様子だったという。複数の男が逆方向に走っていったとの情報もあり複数での犯行と見られている。

福岡発砲事件 福岡発砲事件

撃たれた任俠団体山口組幹部は至近距離から撃たれたが、身体には命中しなかった。

撃たれた組員と道仁会傘下組員との間で客引きをめぐるトラブルがあり、警察は道仁会の関与に加え、抗争状態にある六代目山口組神戸山口組の犯行も視野に捜査を進める方針。