国内ニュース 暴力団

【みかじめ料】弘道会会長 竹内照明 幹部 石原道明、伊藤直記、小川明広を逮捕

投稿日:

愛知県警捜査4課は11日、指定暴力団六代目山口組弘道会会長の竹内照明、傘下組織の高山組若頭で、矢嶋総業会長の石原道明両容疑者、伊藤直記 健心会会長、小川明広 二代目谷誠組組長らを県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、竹内照明(弘道会会長)・石原道明(高山組若頭・矢嶋総業会長)・伊藤直記(健心会会長)・小川明広(谷誠組組長)の4容疑者は共謀して同条例が暴力団排除特別区域に指定する名古屋市中区錦3丁目の風俗店の実質経営者ら2人から、3回にわたってあいさつ料として現金計58万円を受け取った疑い。

竹内照明弘道会会長

竹内照明弘道会会長

みかじめ料問題は無くならない

酒類を提供する居酒屋やパブなどの開店に際し、いわゆる“みかじめ料(用心棒代)”として、植木やしめ縄などを法外な金額で買うことを要求してくる事がある。これは威力業務妨害罪の一つだが、立件が難しく、警察にはあまり期待できない。

法的には、退店を伝えても居座る場合は不退去罪、不当に金を要求すると恐喝罪、それ以外なら脅迫罪や強要罪が適用されるが、店側も暴力団からの嫌がらせや暴力行為を恐れ警察に届けない場合が多くある。

山口組トップを訴えた事件も

2017年3月には、元飲食店経営の女性が、みかじめ料の要求を民法上の不法行為と認定し、篠田組長が「下部組織の構成員を指揮監督し、上納金を受け取っている」とし、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は、連帯して1878万円の支払いを命じる判決を言い渡している。

-国内ニュース, 暴力団

Copyright© ニュース解説プラス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.