【神戸射殺事件】山健組内一勢会組員 菱川龍己容疑者を指名手配

2018年4月16日

 

今月12日、兵庫県神戸市長田区の路上で、織田絆誠任侠山口組代表が乗る乗用車を襲撃、止めに入った同組傘下山健同志会北村組に所属する楠本勇浩組員が射殺された事件で、兵庫県警は、指定暴力団神戸山口組山健組傘下一勢会組員、菱川龍己容疑者(41)を殺人の疑いで指名手配した。

 

菱川容疑者は神戸市長田区で、複数の男と共謀し、任侠山口組の織田絆誠代表が乗る車に自らが乗る車を追突、更に拳銃で発砲し襲撃。

後方の乗用車、助手席に乗っていた、組員楠本勇浩北村組組員が飛び出し、銃を持ち構えていた菱川容疑者に素手で取り押さえたが、もみ合いの中、発砲し射殺した。

菱川容疑者は、短髪で身長が158cmほど、中肉中背で、バイクで逃走、現場では菱川容疑者のものとみられるヘルメットも見つかった。事件当日はグレーのTシャツを着ていたしたとみられている。

兵庫県警警察本部は、神戸山口組任侠山口組の抗争事件と断定しているが、未だに内部抗争とであるとする立場を崩しておらず、警察の矛盾がどこまで続くのか、正しい法判断ができるのかが疑問視されている。

情報提供は長田署(078-578-0110)

 

出典

指名手配組員の顔写真を公開 実行犯か 県警、抗争事件と断定(産経)

神戸山口組系組員を殺人容疑で指名手配 神戸の射殺事件(朝日新聞)

射殺容疑で神戸山口組系の41歳組員を指名手配(日刊スポーツ)