国内ニュース 政治

【速報】衆議院解散、総選挙へ

投稿日:2017年9月17日 更新日:

 

今月28日に召集する方針の臨時国会の会期中に、衆議院の解散・総選挙に踏み切ることを排除しない様、安倍総理大臣が公明党の山口代表に対し要請している事が分かった。

安倍総理大臣は、与党の幹部の意見も聞き最終的な判断を固める方針で、内閣支持率の回復で早期の解散・総選挙を求める意見が強まっていることも踏まえ、臨時国会の冒頭にも解散する方向で調整が進められる。

衆議院議員の任期が残り1年余りとなる中で、国家戦略特区での獣医学部の新設をめぐる問題などで低下した内閣支持率が回復傾向にあることも踏まえ、早期の衆議院の解散・総選挙を求める意見が党内で強まっていた。

 

民進党・離脱派の影響

安倍首相は東京都議会選挙の惨敗や内閣支持率の急落を受けて、当面は堅実に政権運営を行い、支持率回復を目指す考えを周辺に示してきた。

しかし、支持率の回復や、野党第一党の民進党で離党者が相次いでいること、また、小池東京都知事に近い若狭勝衆議院議員が結成を目指す新党の準備が整っていないことなどから、臨時国会の冒頭を含めた早期の解散総選挙を決断した。

民進党内では離党を検討している議員が多数いると見られており、この解散をきっかけに、政界の再編成が行われる可能性が高い。

-国内ニュース, 政治

Copyright© ニュース解説プラス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.