国内ニュース

【駛馬南小】お手柄小学生、人命救助1日に2度

投稿日:2018年2月14日 更新日:

大牟田署は9日、福岡県大牟田市沖田町の川と側溝に転落したお年寄りの男性を救助したとして、駛馬南小学校の児童4人に大庭英次署長が感謝状を贈呈した。

1月23日午前7時20分ごろ、近くに住む渡辺治市さん(78)が犬の散歩中、高さ約1メートルの護岸から川に転落。登校中の2年荒平美桜さん(8)と1年咲希さん(6)姉妹が目撃し、通り掛かった6年生の双子の姉妹、松田愛菜さん(11)と夢菜さん(11)に知らせた。

夢菜さんは学校に走って担任の石橋剛志教諭に知らせ、愛菜さんが石橋教諭と一緒に渡辺さんを引き上げた。

渡辺さんはそのまま散歩を続けたが、約1時間後の始業前、松田姉妹が「何となく気になって」と川を見に行くと、川のそばの側溝に渡辺さんが体ごとはまっていた。再び石橋教諭に知らせ、再度救助して自宅まで送った。

当時、気温は6℃ほどで、発見が遅れたら命が危なかったかもしれなかったが、4人の機転と松田さんの思慮により、命に別状はなかったが、渡辺さんはその後入院しており、4人は容態を心配している。

-国内ニュース

Copyright© ニュース解説プラス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.